ロードオブフォルトナ 蒼井 樹 [編集]

ロードオブフォルトナ 蒼井 樹
セリフマルス役は俺がやるよ。
みんなの期待を裏切らないように、全力を尽くす!
収録英雄たちの凱歌B22-101HNIllust匈歌ハトリ
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職ミラージュマスター
戦闘力70支援力20射程1アイコン光の剣/聖痕/男/剣/幻影
スキルエムブレムフォーム常時型
<幻影>の味方が他に2体以上いる場合、このユニットの戦闘力は+10される。
スキル光の戯曲起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】自分の手札から<幻影>のカードを1枚選び、出撃させる。
スキル最高のセッション自動型
[1ターンに1回][CF]を持つ味方が出撃した時、カードを1枚引く。

考察 [編集]

かつて第4弾のプロモーションカードで登場した「エムブレムフォーム」が改めて登場。
史上初の光の剣聖痕の2シンボルカードとなっており、スキルは全て幻影およびCFを参照するもの。

『エムブレムフォーム』は常時+10強化。
このカードが主人公の場合、CFクロムがいるなら実質あと1体に近い状態となるので、ある程度は安定する。
このスキルのために、維持しやすいフォルトナの敏腕社長 志摩崎 舞子を優先的に採用することも考えられる。
他の幻影主人公のデッキに採用すれば、幻影主人公+そのCFだけで条件が満たせるので主人公時より格段に高い安定性が望める。

『光の戯曲』は軽いコストで幻影ユニットを手札から出撃できる良質な出撃スキル。
1回で戦況が覆るほどに際立って強力というわけではないが、リバース1のみで上級職も出せ、自身の重さによるテンポロスを発生させない十分な性能。
出せるカードは限定的だが、他のスキルとのシナジーを考えても幻影中心のデッキにはなるので、出すカードに著しく困るということはないだろう。
基本的に出撃するのはミラージュマスターの方がお得だが、全てのCFも条件範囲内なので出撃させることができて、後述の『最高のセッション』で手札を整える事もできる。

『最高のセッション』は1ターンに1回のドロー。これは幻影ではなくCFを参照するので混同しないよう注意が必要。
有効に使えれば『光の戯曲』を継続的に使うことによる手札消費を軽減できる。
このカードが主人公の場合、生き残りやすいクロムは継続的に出撃しにくいので、安定して毎ターン発動させたいなら幻影の狙撃手 ヴィオールなど他の候補も一定以上採用する必要がある。
あまりCFを採用したくない場合は、魔性の黒翼 インバースなどで一度自分から撃破してしまったり、実体にクラスチェンジして戦闘力を得る事で相手からの撃破を誘うのも有効だろう。
ただし、その間『エムブレムフォーム』の有効数が戦場から減ってしまうのだけは注意したい。

アブソリュート・カワイイ! 黒乃 霧亜嵐を呼ぶ小学生 源 まもりはいずれのスキルとも相性が良い。
『光の戯曲』で出せる有効な戦力であり、手札に出せるCF持ちがなくとも退避エリアにあれば出せて『最高のセッション』に繋がり、そうすると幻影ユニットが2体増えて『エムブレムフォーム』の有効化・維持に一役買う。
ハリウッドをブッ飛ばせ! 弓弦 エレオノーラは出撃が手札からなので一段落ちるが、手札にCF持ちがある状況では見劣りしないので十分に有用。

関連ページ [編集]


スポンサーリンク