瞳の見つめる未来 節を編集

炎と鋼と想と哀と

ブースターパック第14弾。2018年9月27日発売予定。同時発売のスターターデッキはなし。

  • 収録タイトルは『覚醒』、『if 白夜王国』、『蒼炎の軌跡』・『暁の女神』、『幻影異聞録♯FE』。
    • 初登場以来音沙汰がなく、作品の性質もあって再登場自体を危ぶむ声も少なくなかった『♯FE』が2年半ぶりの収録。
      初めて収録タイトルが明かされた段階では言及がなく、一足遅れて公表された。
    • 『白夜王国』は、白夜ルートの一場面を再現した涙の妹姫 エリーゼ、同ルートエピローグが由来の黎闇の魔道王 レオン、果ては共通ルートの場面を再現した堕ちゆく騎影 ギュンターと、「『白夜王国』の収録」という題目を守りながら暗夜のカードも複数収録している。
      例外的なシンボルのカードは以前にもしばしばあったが、複数あるのは珍しい。
  • 烈火の剣篇付属のプレイシートに記載されていた「無限エリア」を用いたギミックが目玉になる模様。
  • 聖痕にはAS(アウェイクニングスキル)、白夜にはDB(ドラゴンブラッド)というキーワードスキルが新登場する。
    ASは既存のカードにも多数ある「クラスチェンジした時」のスキルだが、「下に重ねられたカードの枚数」を参照する効果を持つ。
    DBはそれ自体は普通のスキルだが、DBを持つカードが「他の味方が持つDBを得る」というスキルを持つのが特徴。
    • メダリオンには新キーワードスキルはないが、「レベルアップスキルを有効化する」と言うスキルが新登場している。

収録カード 節を編集

 
 
暗夜
番号レアカード名+サイン
B14-XXX黎闇の魔道王 レオン
B14-XXX涙の妹姫 エリーゼ
B14-XXX堕ちゆく騎影 ギュンター
 
 
スポンサーリンク