神装の魔将 漆黒の騎士 節を編集

神装の魔将 漆黒の騎士
セリフガウェインの後継者よ、その力、見せてみよ!
収録希望への雙剣B03-047SRIllustDaisuke Izuka
出撃コスト6CCコスト5兵種上級職ジェネラル
戦闘力80支援力0射程1アイコンメダリオン/男/剣/アーマー
スキル神剣 エタルド起動型
【[リバース2]】次の相手のターン終了まで、このユニットの戦闘力は+20され、このユニットに射程1-2が追加され、このユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。
スキル女神の加護常時型
このユニットは出撃コストが2以下の敵の攻撃で撃破されない。

考察 節を編集

出撃コスト6、戦闘力80、支援力0と数値面でとにかく規格外なカード。
いずれにおいてもこのカードが初となる。

その極端な数値同様、スキルも豪快そのもの。
神剣エタルドはコストパフォーマンスも高く、効果が相手ターンまで残るので、ひとたび発動すれば必殺攻撃以外ではほとんど撃破されない。
さすがに神速回避を封じはしないので、オーブ破壊はあまり期待はできない。
ついでに女神の加護によって、下級職クラスの必殺攻撃で軽く排除されるということは避けられる。
上級職からは普通に受けてしまうので、あまり実感できないことは多い。
倒せるユニットが限られるために、1回でも神速回避を用意しておけると非常に場持ちが良くなるが、それが難しいのが困ったところ。

良くも悪くも単純にハイパワーという性能であり、何も考えず使うにはデメリットの大きさが目立つ。
まともに使いこなすには、出撃コスト6のカードを出す余裕があるデッキの速度、スキルを腐らせない程度のリバースの余裕、デッキに入れるからには手札に加えて戦場に出せなければ意味がないので退避エリアからの回収手段も用意しておきたい。

  • 出撃コスト6、支援力0については以後も複数登場している中で、素の戦闘力80は7弾時点でもこのカードのみだったが、
    8弾において不死なる絶望の君主 クロムが同じ戦闘力80で登場した。

関連ページ 節を編集