凄絶なる劍将 漆黒の騎士 節を編集

凄絶なる劍将 漆黒の騎士
セリフ引き分けはない。逃げ道もない。勝つか、負けるか。
存分に剣を交わすとしよう!
収録荒れ狂う破濤B12-037SRIllustDaisuke Izuka
出撃コスト7CCコスト5兵種最上級職漆黒の騎士
戦闘力80支援力0射程1アイコンメダリオン/男/剣/アーマー
スキルエタルドの魔光常時型
このユニットに射程1-2が追加される。このスキルはこのユニットが前衛でなければ有効にならない。
スキル終極を告げる神剣自動型
【[リバース2]】このユニットが相手の主人公を攻撃した時、コストを支払うなら、主人公以外のすべての敵を撃破する。戦闘終了まで、このユニットの戦闘力は+80される。

考察 節を編集

敵を完全に一掃できる『天空』のようなスキルを持つ、最上級職の漆黒の騎士
決定的な差として、このユニットは前衛にいれば常に射程1-2が追加されるので、ひとたび出撃すれば、リバースコストが確保されている限りスキルを発動できないことはなく、主人公以外の敵の全滅が確定する。
ただし戦闘力アップはその戦闘中のみ+80というかなり極端なもので、ほとんどのユニットに対してオーバーキルである一方で防御には何も貢献しない。
非主人公でも状況を打破する切り札となるが、非常に重い出撃コストと支援力0という欠点もトップクラスのものなのは確かである。

主人公としては、神装の魔将 漆黒の騎士とはCCコストは同じで、スキルの効果はこちらの方が大きい。
ただしあちらは相手のターンまで戦闘力を上げることができ、『女神の加護』もあるので、防御面については劣っている。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク