神剣の勇将 アイク 節を編集

神剣の勇将 アイク
セリフ親父に叩き込まれた剣技は、誰にも負けるはずはない。
収録希望への雙剣B03-001SRIllustDaisuke Izuka
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職ロード
戦闘力70支援力20射程1アイコンメダリオン/男/剣
スキル[LvS3]神剣 ラグネル起動型
【[リバース1]】ターン終了まで、このユニットに射程1-2が追加される。このスキルはこのユニットが前衛でなければ使用できない。
スキル[LvS4]救国の勇将自動型
[1ターンに1回]【自分の手札から『アイク』を1枚退避エリアに置く】このユニットの攻撃で敵を撃破した時、コストを支払うなら、ターン終了まで、すべての味方の戦闘力は+30される。
スキル[LvS5]受け継がれた剣技常時型
このユニットの戦闘力は+10され、このユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。

考察 節を編集

三段階のレベルアップスキルを搭載した超重量級ユニット。
普通に下級職からクラスチェンジしただけではどのスキルも使うことができず、何かしらのプロセスを経なければならない。

LvS3の『神剣 ラグネル』はいわゆる手槍効果。前衛でしか使えない制限があり、相手のスキルで後衛に押し込まれた場合や窮地でやむなく後衛に引きこもりたい場合に不都合となることもあるが、さほど気にするようなものでもない。
ただし、前衛でスキルを使ってから後衛に下がると射程の効果はしっかりと残る。
これはクリミアの勇将 アイクも持つスキルであり、これだけでは大して強いユニットではないので上を目指す必要がある。

LvS4の『救国の勇将』は、英雄の凱歌などに連なるスキルと言える。
自分ターンのみで追加効果も一切なく、何より起動型ではなく敵を撃破する必要があるが、その分リバースは全くかからない。
味方の数が十分に揃っている場合、主人公ではなく神速回避できなさそうなユニットを叩きに行くのも手だろう。
問題は、レベルアップスキルの達成過程を考えると味方の数は増えづらく、手札に同名ユニットも貯めにくいという点か。
決まれば強力なのだが全体的な性能と噛み合わず、これに特化するくらいなら普通の凱歌系スキル持ちのほうが使いやすいので、使い所は少なくなる。

LvS5の『受け継がれた剣技』は、常時戦闘力80とオーブ2個破壊を得るというパワフルなスキル。
と言っても成長に時間がかかるとオーブ破壊は無意味になりやすく、どちらかと言うと重要なのは+10のほうか。
この段階に到達したこのカードの性能は文句無しに高く、このカードを運用するなら、いかに早くこのスキルまで辿り着くかが肝心と言える。
ただし、成長のためにアイクを多く採用したいので、戦闘力80になっても支援失敗で結局意味がないというような場面がやや多く見られる。
仕方のないことではあるが、気にするなら傭兵団の妹 ミストなどでの底上げを積極的に行いたい。

完成後のパワーは高いが、LvS特有の下準備で味方の展開が遅れがちな部分を覆しにくい点が災いすることも多い。
数的不利を覆せる蒼炎の勇者 アイクと使い分けることでカバーしたいところである。

  • 発売当初は非主人公での活用が絶望的であったが、ベグニオン皇帝 サナキの登場により、退避エリアさえ肥えていればむしろ主人公のときほど手間をかけずに使えるようになった。
    とはいえ、CCS持ちであるベグニオン皇帝 サナキに加えアイクを大量にデッキに積む都合上、デッキスペースが非常に大きく割かれる問題があるが。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク