地に在る白翼 ラフィエル 節を編集

地に在る白翼 ラフィエル
セリフ声に導かれ……ここに来ました。
私を呼ばれたのは…あなたなのですか?
収録響地轟轟B09-089HNIllust鈴木理華
出撃コスト2CCコスト-兵種固定職白鷺王子
戦闘力20支援力20射程-アイコンメダリオン/男/牙/獣馬
スキル導きの声起動型
【[アクション],[リバース1]】他の<牙>の味方を1体選ぶ。自分の手札からその味方と同じユニット名のカードを1枚選び、その味方の上に重ねてレベルアップさせる。
スキル傷翼の呪歌謡い起動型
【[アクション]】出撃コストが2以下の他の<牙>の味方を1体選び、未行動にする。

考察 節を編集

『導きの声』は、『覚醒の儀』を牙限定にしたような効果だが、アクションを伴う一方でこのユニットが出撃コスト2という違いがある。
展開の加速とはなりにくいが、主人公としてテンポが遅くなりがちな王牙の後継者 スクリミルガリアの獣牙戦士 ライ寡黙な牙 オルグなどを2ターンで出せるという大きな利点がある。
もちろん、白夜と暗夜の牙ユニットやマーク(女)に使い上級職を重ねた場合、きちんとクラスチェンジとして扱われる。
もっとも、これらの上級職は今のところすべてCCコスト2なので、大抵は素直に出撃フェイズで出したほうがいいのだが。

『傷翼の呪歌謡い』は、低コストの牙ユニットを再行動できる効果。
スキルの再利用に使うならば、セリノスの王子 リュシオン目覚めしサギの王女 リアーネ紅竜の軍師 イナなどが筆頭。
再攻撃の場合、同じシンボルで牙で占めているデッキならば、誇り高き戦猫 レテ気分屋の戦猫 リィレや常時上級職並みの戦闘力を持つ蘇りし竜 ドラゴンゾンビなどがおすすめだろう。
『導きの声』で基本的に高コストユニットにレベルアップすることになるのでスキル同士は噛み合っていないと見ることもできるが、生き残ったらフェニキス王 ティバーンの強化に使い、その過程で出した低コスト牙ユニットの強化・再行動に使うという手もある。

  • 原作を知らないと見た目で誤認しやすいと思われるが、飛行タイプはもっていない。
    ラフィエルは病の後遺症で空を飛べない設定で、原作でも移動や特効において飛行扱いされないので、原作通りである。

関連ページ 節を編集