王牙の後継者 スクリミル 節を編集

王牙の後継者 スクリミル
セリフ戦意が満ちてくる! 貴様を叩き潰したくてたまらんぞ!
収録響地轟轟B09-076SRIllust北千里
出撃コスト4CCコスト-兵種固定職獣牙族
戦闘力80支援力10射程1アイコンメダリオン/男/牙/獣馬
スキル王者の器自動型
[1ターンに1回]このユニットが成長した時、カードを1枚引く。
スキル[LvS5]紅蓮のたてがみ常時型
自分のターン中、すべての<牙>の味方の戦闘力は+30される。
スキル[LvS7]決戦の咆声起動型
[1ターンに1回]【[リバース2]】自分のデッキの上からカードを5枚公開する。公開したカードの中から<牙>を好きな枚数選び、出撃させ、残りのすべてのカードを自分の退避エリアに置く。([LvSX]はこのユニットの重ねられたカードの合計がX枚以上の場合に有効になる)

考察 節を編集

ノーコストで凱歌系スキルのような状態になる『紅蓮のたてがみ』、ランダム性は高いが破格の効率でユニットを展開する『決戦の咆声』のいずれも凄まじいスキルだが、下準備の手間も尋常ではない。
しかも、2種しかないスクリミルでLvS7を達成するということは、余剰が1枚しかないということである。
オーブやデッキに2枚以上残ったままだと達成できず、達成した後も回避札の状況を難なく把握されてしまう。

『王者の器』によって成長にかけるリソース自体は容易に補っていける。
1ターンに1回という点には注意が必要で、肝心のLvSを有効にするためには無視せざるを得ない場面も出てくるだろう。
出撃コスト4ながら戦闘力80を持つのでLvSが無効な間でも決して弱くなく、主人公としての登場の厳しさもガリアを継ぐ者 スクリミルの性能や地に在る白翼 ラフィエルによる最短2ターンでのレベルアップでフォローがきく。

LvSを無視して、戦闘力80と『王者の器』でのドローのみを見込んで非主人公で使うことも考えられる。
赤心の神竜騎 ジルのお供としては理想的な選択肢の一つとなり、ベグニオン皇帝 サナキとの組み合わせでは出撃するだけで容易にドローできる。
あわよくば『決戦の咆声』ということも可能だが、フル採用に加えてゴルドアの王子 クルトナーガ以外はあまり目を引かない牙を増やさなければならないといった難しさがある。

関連ページ 節を編集