清光の雷姫 ティニー 節を編集

清光の雷姫 ティニー
セリフごめんなさい…戦いたくはないのだけど…
お母さま、見ていて下さい。
ヒルダは私が殺します!!
収録生と死-運命の先へB08-085RIllustまよ
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職マージファイター
戦闘力50支援力20射程1-2アイコン聖戦旗/女/魔法
スキル怒りの稲妻常時型
このユニットが必殺攻撃する場合、自分の手札から『ティニー』を1枚退避エリアに置く代わりに自分の<魔法>の絆カードを1枚退避エリアに置いてもよい。
スキル[BS]トードの血絆型・自動型
【[リバース1]】このカードが自分の絆エリアに置かれた時、コストを支払うなら、カードを1枚引く。

考察 節を編集

『怒りの稲妻』は、手札の代わりに絆カードをコストに必殺攻撃できるという異色のスキル。
表の絆カードを1枚失うので間接的には手札を使っているようなもので、加えて魔法という指定もあるが、手札の状態に関係なく必殺攻撃できる点は強力。

絆エリアに置いた際にドローが行える『トードの血』も、緩い誘発条件のわりにリバース1と効率が良く優秀である。
単純に考えると、このカードを手札から絆エリアに置くことで、カード消費なしに裏の絆カードを1枚増やせることになる。
聖戦旗の、他領域のカードを絆エリアに置くスキルをドローソースに置き換えられるので、このカードが採用されているだけで戦術が広がる。
戦場に出る必要がないので、聖戦旗からこのカードだけを採用する構築も十分有効。
半端になりがちな戦闘力50だが、ティニーの採用枚数が少なくても他に魔法があれば『怒りの稲妻』が使えるので、場合によって戦場に出しても活躍できるのも優秀。

このカード自体を裏にする必要がないので、裏にしてからコストで退避エリアに送ったりせずとも、グランベルの皇女 ユリアでも容易に使い回すことができる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク