傭兵団の青年 アイク 節を編集

傭兵団の青年 アイク
セリフ俺が団長を継ぐ。親父のかわりに……!
収録プロモーションカードP02-001PRIllust北千里
希望への雙剣B03-003HNIllust北千里
セリフ全員でここを突破する!
収録プロモーションカードP03-005PRIllustAMG
出撃コスト1CCコスト-兵種下級職レンジャー
戦闘力40支援力20射程1アイコンメダリオン/男/剣
スキル[LvS2]若きリーダー常時型
このユニットの戦闘力は+10される。([LvS2]はこのユニットの重ねられたカードの合計が2枚以上の場合に有効になる)
支援スキル英雄の紋章攻撃型
攻撃ユニットが<メダリオン>の場合、戦闘終了まで、そのユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。

考察 節を編集

普通に考えれば、たとえ主人公であってもクラスチェンジしたら無駄になるこのカード同士でレベルアップすることはまず割に合わない。
ただ神剣の勇将 アイクなどの上位のアイクはLvSやそれに類するスキルを持つので、このカードの時点でレベルアップか成長をさせておければ、後々の手間を省けて合理的である。
スキルそのものも、常時戦闘力50のユニットとなるので序盤のダメージレースで有利となるのは確かで、あながち軽視できるスキルでもない。

撃破されるのが当たり前の非主人公では到底成長の手間に見合わず、支援スキルも同じ英雄となる青年 アイクが優先される。
サナキデッキなら、他に『皇帝の檄』の対象が用意できないという場合にスキルを活かせることがあるが、英雄となる青年 アイクは序盤を凌ぐ助けになるというのも考えると優先はしにくいだろう。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク