ゴルドアの長子 ラジャイオン 節を編集

ゴルドアの長子 ラジャイオン
セリフイナ。私とおまえは、これからずっと一緒だ。
収録荒れ狂う破濤B12-046NIllustチェロキー
出撃コスト1CCコスト-兵種固定職竜鱗族
戦闘力40支援力20射程1アイコンメダリオン/男/牙/竜
スキル[LvS2]黒竜の王子常時型
このユニットの戦闘力は+20される。([LvS2]はこのユニットの重ねられたカードの合計が2枚以上の場合に有効になる)
スキル許婚との誓い常時型
味方に『イナ』がいる場合、このユニットの戦闘力は+10される。
支援スキル運命の紋章攻撃型
攻撃ユニットが<メダリオン>の場合、カードを1枚引く。そうしたなら、自分の手札を1枚選び、デッキの1番上に置く。

考察 節を編集

LvS2で常時戦闘力60、イナがいれば戦闘力70まで狙えるという、砂漠の水 ムワリムと並び出撃コスト1としては屈指のハイパワーの持ち主。
砂漠の水 ムワリムほどの脆弱性はなく、イナが優秀なカード揃いであるため、存外に扱いやすい面がある。
特に竜鱗族の娘 イナは成長役も兼ねられるのでシナジー抜群。
ユニットとしてだけ考えると傭兵団の青年 アイク路地裏の剣士 エディ対戦相手を探す戦士 ボーレの上位互換と言えるが、支援スキルの違いは考慮する必要があるだろう。

主人公にした場合、狂竜に堕とされた王子 ラジャイオンへレベルアップするとむしろ弱体化になる可能性がある。
ただ、LvS2の達成のためにはラジャイオンが手札なり退避エリアなりに必要となるので、その目的で狂竜に堕とされた王子 ラジャイオンを入れておくことも考えられる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク