赤白ドーガ? 節を編集

構築内容 節を編集

中心となるカード
コストカード名枚数役割シンボル
1護りの騎士 ドーガ3主人公光の剣
3アリティアの盾 ドーガ4主人公クラスチェンジ用光の剣
1神竜族の王女 チキ4下級アタッカー光の剣
1タリスの王女 シーダ3火力補助光の剣
4愛を説く翼 シーダ3手札補充光の剣
1癒やしの僧 リフ3ドーガと合わせて更に守りを固める光の剣
1アリティアの王子 マルス3相手後列への干渉手段光の剣
3慈愛の聖女 レナ4手札補充。主に下級ドーガやリフの回収光の剣
3忠義の古強者 ジェイガン4上級アタッカー光の剣
4タリスの闘神 オグマ2上級アタッカー光の剣
1竜の幼姫 カンナ(女)4下級アタッカー白夜
4未来を選びし王子 カムイ(男)4上級アタッカー、火力補助白夜
3爆炎使い サイゾウ4上級アタッカー白夜
5敏腕メイド フェリシア4上級アタッカー白夜
 
主な採用候補
コストカード名役割シンボル
3若き陰陽師 ツクヨミ後衛への干渉手段や戦闘力もさながらいざという時の竜特効は優秀白夜
1白夜の弟王子 タクミ速攻性を求める場合に白夜
2心癒やす翼 シーダ攻撃手段としても防御手段としても期待できる光の剣

コンセプト 節を編集

ドーガのスキル「鉄壁の盾」で味方を守り、数を維持することで性能を発揮できるアタッカー達で攻める。

戦術 節を編集

戦闘力の低いドーガ自身は攻撃せずにオグマ、サイゾウ、フェリシアのスキルで行動済みにする。

これらのアタッカーをドーガで守り、割られたオーブで手札を補い場のユニットを少しずつ増やしていく。

理想的な流れは

・1ターン目、コスト1のユニット出撃(なるべく後列に置けるリフやシーダ)

・2ターン目、ドーガをクラスチェンジ

・3ターン目、ジェイガンorサイゾウ出撃

・4ターン目、カムイ(男)出撃

後はカムイの「連なる想い」を維持して攻撃していく。

考察 節を編集

高コストのアタッカーを並べて攻めていくのに時間がかかるが、長引きすぎるとオーブと絆がなくなり味方を守るどころではなくなる。

オーブ2個破壊や敵撃破時にスキルを発動する主人公相手にはアドバンテージ差をつけられやすいので、レナやシーダでしっかりと回避用のドーガを確保しておきたい。


スポンサーリンク