聖光を継ぐ竜姫 アルテナ 節を編集

聖光を継ぐ竜姫 アルテナ
セリフ私はキュアンの娘アルテナ…!
父や母の無念を晴らすために戦いたいのです!
収録生と死-運命の先へB08-091SRIllustlack
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職ドラゴンマスター
戦闘力60支援力30射程1アイコン聖戦旗/女/槍/飛行/竜
スキルゲイボルグの後継者常時型
自分の『アルテナ』の絆カードが1枚以上ある場合、このユニットの戦闘力は+10される。
スキルレンスターの王女常時型
自分の『キュアン』の絆カードが1枚以上ある場合、このユニットの戦闘力は+10される。
スキル蘇る絆自動型
自分の絆エリアに『アルテナ』か『エスリン』が置かれた時、裏向きの絆カードを1枚選び、表向きにしてもよい。

考察 節を編集

特定の絆カードを維持する必要があるが、最大で常時戦闘力80を獲得するうえに、絆カードを表にするスキルを備えた飛行ユニット。

特効などを受けやすいドラゴンナイト系というのもあり、出撃した次のターンの絆フェイズまで待って『蘇る絆』を誘発させるのは主人公でなければ難しいので、精霊の森の少女 ディアドラなどと組み合わせたい。
光芒の聖姫 エーディングランベルの皇女 ユリアのように手札に加える効果を含むものなら、すでに置いているアルテナエスリンを回収すれば後続にもつながる。

しかしキュアンエスリンは、お転婆な姫 エスリンがライブ要員である程度で、あとは全て支援力10なのもあってあまり汎用性の高いカードではない。
キュアンエスリンを切り捨てて同名ユニットだけで運用し、戦闘力70とあわよくばコスト回復という使い方をするのも手だろう。
たとえキュアン主人公でもエスリンとはシナジーがあるわけではないので、どれを取るか悩ましいところである。

自身が主人公の場合は、グランベルの皇子 セリスを採用しておくと、アルテナを消費せずにスキルを活用できるので非常に都合が良い。
『蘇る絆』のためにはいくらでもアルテナを置きたいので、過剰供給ともなりづらい。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク