深紅の女竜将 クリムゾン 節を編集

深紅の女竜将 クリムゾン
セリフシュヴァリエ公国の女騎士のしきたりさ。
一世一代の勝負の前には、胸元に花を挿すんだ。
収録その手が導く夜明けB20-040HNIllustп猫R
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職ドラゴンマスター
戦闘力50支援力30射程1アイコン白夜/暗夜/女/槍/飛行/竜
スキル一世一代の勝負起動型
[1ターンに1回]【手札を1枚退避エリアに置く】ターン終了まで、このユニットの戦闘力は+20される。
スキル無限渓谷での戦い常時型
撃破されたこのユニットを退避エリアに置く場合、代わりに無限エリアに置く。
スキル花の記憶特殊型
【[リバース1]】このカードが無限エリアに置かれた時、コストを支払うなら、カードを1枚引く。

考察 節を編集

『一世一代の勝負』を使った予備アタッカーとしての運用は良くも悪くも平凡。
無限エリアに関わる残り2つのスキルを活かしたいところである。

『無限渓谷での戦い』は、これ単体ではメリットにはなりにくい。
支援力30の上級職ならどちらかと言えばデッキに戻ってほしいところであり、かと言って無限エリアを参照するカードとのシナジーも乏しい。
新たな未来を拓く王 カムイ(透魔王国)でコピーする価値はないし、伝説を携えし王女 エリスなどでの出撃対象にするには物足りない性能である。

『花の記憶』は高効率のドローだが、コストがかかる分、ノーコストの人を形どりし竜心 ハイドラ透魔竜の娘 リリスに比べると少々見劣りする。
一方、支援力30として採用できること、そして『無限渓谷での戦い』によって誘発することが強み。
実質的に「撃破された時、リバース1でドローできる」というスキルを持っているようなものになる。
そうそう長く生き残るユニットでもないので、『一世一代の勝負』のコストは実質的にリバース1として考えることもできる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク