一流(いちりゅう)()えた一流(いちりゅう) (つるぎ) 弥代(やしろ) 節を編集

一流を超えた一流 剣 弥代
セリフ本物の剣弥代を魅せてやろう。
収録煌めき幻奏B04-013RIllustSENO/INTELLIGENT SYSTEMS
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職ミラージュマスター
戦闘力70支援力10射程1アイコン光の剣/男/剣/幻影
スキル因果切断自動型
【[リバース1],自分の手札から『剣 弥代』か『ナバール』を1枚退避エリアに置く】このユニットの攻撃で敵を撃破した時、コストを支払うなら、主人公以外で出撃コストが2以下のすべての敵を撃破する。
スキル一流の輝き常時型
このユニットが出撃コストが2以下の敵に攻撃されている場合、このユニットの戦闘力は+10される。

考察 節を編集

ブラックナイツ カミュ並みの除去を少ないリバースで行うことができる。
主人公向けのカードながら効果が相手のデッキ構成に大きく左右されてしまうが、刺さる相手には致命傷になる。
寡黙なる紅き幻影 ナバールで神速回避を封じて確実に発動を狙うこともできるが、怨敵調伏が非主人公相手でなければ発動しないのでできればコスト3以上の非主人公を狙いにいきたい。

一流の輝きは低コストメタという点は同じだが、いささか地味な効果である。
そもそも戦闘力70の時点で普通なら2コスト以下に戦闘力で有利を取られることは滅多にない。
ただし特化した速攻デッキの場合、最終戦闘力90くらいなら突破できるような構成が想定されるので、その場合には価値がある。
最終戦闘力110を狙えるようになるので、戦闘力50からの必殺攻撃を防げたりもするのは地味にありがたいかもしれない。

後半腐りやすい紅の剣士 ナバールの活用手段として非主人公で採用するのも意外と優秀である。
基本的に紅の剣士 ナバールを採用する場合、クラスチェンジを急ぐなど序盤には味方をそれほど展開しない前提であることが多く、後衛にユニットを展開されると対処が遅れやすい。
このカードを採用した場合、そういった場合をむしろ逆手に利用してプレッシャーをかけられ、仮に攻撃を通そうものなら2枚のカードで一掃できることになる。
とはいえ、出撃コストが4なので少々遅いのはネック。

9弾にて、リゲルの黒騎士 ジークが登場。手札消費は嵩むものの、『因果切断』が全体除去として使える様になったのはプラス材料となる。ジーク自身の攻撃も決まれば、実質手札消費1枚+リバース1枚で相手の戦場を壊滅させることが出来る。

  • 幻影ユニットでありながらカルネージフォームのメタとなる性能である。
    原作では当初敵として登場する点を踏まえた設定だろうか。
  • 異形の兵士 屍兵を一掃することができる数少ないユニットである。コストもリバース1にハンド1枚と比較的軽いが、攻撃を当てなければならないため、やはりリバースはかさむが寡黙なる紅き幻影 ナバールで神速回避を封じてから確実に狙いたい。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク