トラキア王 トラバント 節を編集

トラキア王 トラバント
セリフトラキア半島の統一は、われらが悲願…
民を貧しさから救うためには、北の豊かな土地が必要なのだ。
レンスターのランスリッターも、もはやこれまでだな。
トラキアの夢は、今や我らが手中にある!
収録輝く世界B15-095RIllust米子
たかや友英(R+)
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職ドラゴンマスター
戦闘力60支援力30射程1アイコン聖戦旗/男/槍/飛行/竜
スキルハイエナと蔑まれようとも常時型
このユニットが主人公以外の敵を攻撃している場合、このユニットの戦闘力は+30される。
スキル血塗られたグングニル起動型
【[リバース1]】ターン終了まで、すべての<飛行>かつ<竜>の味方は射程に関係なく敵を攻撃することができる。
スキル死を呼ぶ罠起動型
[1ターンに1回]【絆カードを1枚退避エリアに置く】相手は自分の手札を5枚選び、残りを退避エリアに置く。

考察 節を編集

飛行ゆえの戦闘力不足は、前衛の非主人公の敵がいれば『ハイエナと蔑まれようとも』で打ち消すことができる。
戦闘力90まで対処できるのはかなり頼もしい。
しかも『血塗られたグングニル』を使えば射程無視ができるので、後衛に固まっていても簡単に『ハイエナと蔑まれようとも』が活用可能。
単体でも十分だが、飛行かつ竜の味方が他にいれば『血塗られたグングニル』はさらに有効になる。

そして、『死を呼ぶ罠』はわずかなコストで相手の手札を強制的に5枚にさせるという凶悪なスキル。
コストから考えれば1枚減らすだけでも十分すぎるにもかかわらず、アドバンテージを稼いでいる最中の相手に食らわせれば3枚4枚と奪う可能性が普通にある。
裏向きの絆カードがなければ『血塗られたグングニル』に使っておくとよい。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク