スターターデッキ「暗黒戦争篇」2個デッキ(オグマ) 節を編集

サンプルデッキです。

構築内容 節を編集

中心となるカード
コストカード名枚数役割シンボル
1タリスの傭兵 オグマ4主人公。神速回避用に4枚入れる光の剣
3剛剣の使い手 オグマ4主人公のクラスチェンジカード光の剣
3戦場を翔ける王女 シーダ4支援要員光の剣
3忠義の古強者 ジェイガン4中盤以降の安定したアタッカー光の剣
3必殺剣の使い手 ナバール4キルソード要員光の剣
1紅の剣士 ナバール4序盤のアタッカー。終盤は必殺剣の使い手 ナバール用の必殺攻撃要員光の剣
1タリスの王女 シーダ4支援要員光の剣
3同盟軍の弓騎士 ゴードン2対飛行要員光の剣
1解放軍の弓兵 ゴードン4対飛行要員。攻撃時の支援40狙い光の剣
1タリスの戦士 サジ4序盤のアタッカー光の剣
1タリスの斧使い マジ4序盤のアタッカー光の剣
2タリスの義勇兵 バーツ4序盤のアタッカー。FSは無理に狙わないこと光の剣
1大司祭ミロアの娘 リンダ4序盤のアタッカー光の剣
 
主な採用候補
コストカード名役割シンボル
4スターロード マルス安定したアタッカーであり、維持できれば光の王子を活かせる。1、2枚なら投入もあり光の剣
4疾風の賢者 マリク上級魔道士。エクスカリバーを使って風の超魔法で手札を稼ぐ。光の剣
1風の魔道士 マリク大司祭ミロアの娘 リンダのリバースコストが気になる場合はこちらを入れる。終盤は上記の必殺攻撃のために入れる。クラスチェジは狙わなくてもよい。光の剣

コンセプト 節を編集

サイファ初心者向けデッキ。スターター2個で出来るのでお手軽である。

主人公はオグマにし、タリス王国軍の隊長を活かせるよう低コストカードを中心にしている。

戦術 節を編集

初手に剛剣の使い手 オグマがない場合は引き直し、あればそのまま続行する。

絆ゾーンに積極的に置くのは戦力として弱い飛行ユニットにしよう。

斧ユニットもたくさん手札にあるはずなので、被っているユニットは絆ゾーンに置く。

先行1ターン目に特に出したいカードはないが、紅の剣士 ナバールか後衛用の大司祭ミロアの娘 リンダを出しておく。

後攻1ターン目なら真っ先に紅の剣士 ナバールを出したいが、なければタリスの戦士 サジタリスの斧使い マジでもよい。

2ターン目には剛剣の使い手 オグマを出して主人公を強化しておくこと。

3ターン目以降は、低コストをたくさん並べるか、忠義の古強者 ジェイガンを出すか、手札を見て決める。

止めは必殺剣の使い手 ナバールのキルソードで決める。素の戦闘力は悪くないが、必殺攻撃を狙っていきたい。

キルソードのコストが必要なので、大司祭ミロアの娘 リンダのサンダーは使いすぎないように注意。

FSのサジマジバーツは無理に狙わないこと。神速回避されたときのロスが大きいためである。

考察 節を編集

剛剣の使い手 オグマを最大限に生かしたデッキ。

低コストユニットで速攻を仕掛けるので長期戦は苦手。

リバースを使いすぎず、キルソード1発で勝負を決めたい。

関連ページ検出 節を編集

スポンサーリンク