魔陰の教鞭 シェイド 節を編集

魔陰の教鞭 シェイド
セリフ良い所にきたわね…計算通りよ、おバカさん。
収録希望への雙剣B03-048HNIllustまいぽんぽん/INTELLIGENT SYSTEMS
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職賢者
戦闘力50支援力20射程1-2アイコンメダリオン/女/魔法
スキル個人レッスン常時型
このユニットの他に味方が1体だけいる場合、このユニットとその味方の戦闘力は+10される。

考察 節を編集

シンボル変えしたシェイド先生。
常時強化なので、条件を満たし、敵側が戦闘力60の後衛を処理できない場合にかなりの力を発揮する。
あえて人数を減らしてまで満たすのは元も子もないので、普通にやっていても主人公単騎になりがちなデッキに投入するとよいだろう。
CCコスト2でクラスチェンジできる主人公の場合、2ターン目にクラスチェンジして3ターン目にこのカードを出すことで自然にいい形を作れる。

その性質ゆえに主人公となるユニット以外とはコンボしづらいが、同一シンボルの銀の髪の乙女 ミカヤはスキル使用とともに退場するので相性が良い。
+20という高い戦闘力補正を主人公に与えられるため、主人公による戦闘が肝要なデッキにおいて重宝する。
ほかには、効果面でのコンボ性は低いが銀の髪の乙女 ミカヤ同様自爆するコストが複数ある暗夜と比較的相性が良いと言える。

  • この手のスキルで有名な一部ナバールとの相性は、このユニットが主人公の場合限ってのみ良い。
    あちらが主人公だとこのユニットが存在する時点でナバール本人のスキルが消えてしまうが、こちらはテキストが異なるので主人公であっても他の味方の存在を許容できる。
    • とは言っても戦闘力60であるだけであり、その上数的優位を築くことが許されないので、実際に主人公として戦っていくには厳しい。
      自身の実質戦闘力60だけなら闇陰の教導者 シェイドでも狙えるので、そちらのほうがまだ多少は適しているだろう。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク