銀の髪の乙女 ミカヤ 節を編集

銀の髪の乙女 ミカヤ
セリフ大丈夫、この先に見えるイメージは希望に輝いているもの。
収録相剋を越えてB05-053HNIllust北千里
セリフ私は「銀の髪の乙女」…そう呼ばれています。
収録プロモーションカードP04-002PRIllust北千里
セリフそれ?うふふ…ちょっと派手じゃないかしら…?
収録プロモーションカードP05-007PRIllust40原
出撃コスト1CCコスト-兵種下級職光魔道士
戦闘力30支援力20射程1-2アイコンメダリオン/女/魔法
スキル癒しの手起動型
【[アクション],このユニットを撃破する】他の味方を1体選ぶ。次の相手のターン終了まで、その味方の戦闘力は+10される。
支援スキル祈りの紋章防御型
戦闘終了まで、相手の攻撃ユニットは必殺攻撃できない。

考察 節を編集

自身を犠牲にするが、味方ユニットを相手ターンまで強化できる。
直後に集中攻撃を受けそうな主人公などに与えれば、+10の分で1回くらい撃破を免れることは期待できるので、1コストユニット1枚の仕事としては魅力的。
有効かどうかは相手の動き次第なので、自分側のユニット配置も考慮しつつ上手く読んで使いたい。

役割がやや似た癒やしの僧 リフと違い射程1-2を持つ魔道士系ユニットなので、状況によっては攻撃役に回せるのは嬉しいところ。
また、癒やしの僧 リフに比べ相手の行動に依存せずに使える点や、強化する値こそ少なくなったがターンを通して有効な点も評価できる。
希望の巫女 ミカヤの存在もあり、メダリオンのみならず派遣要員として十分検討できる性能と言えるだろう。

  • 初の攻撃ができる祈りの紋章持ちの一人。他には幻影のウタロイド チキと(条件付きだが)お年頃シスター マリーシアがいた。
    ただし、他があくまでライブ要員の延長線上であるのに対して、このカードのみがいわゆる魔道士系である。
    祈りの紋章を増やしたいが非戦闘要員ばかり増やすのは厳しい、という場合にはありがたい。
  • 自身の撃破コストは本来デメリットだが、他のユニットとなかなか併用しにくい各種ナバール魔陰の教鞭 シェイドらのスキルを邪魔をしないという利点でもある。
    特に後者は同シンボルで役割も同じユニット強化であり、他で代えがたい働きができるので、主人公の戦闘力補助が欲しければ他シンボルへの出張採用も十分考えられる。
  • ミカヤの右手甲には「印付き」の証である“印”がある(普段は布で覆い隠している)のだが、P05-007PRのイラストでは該当箇所が見える構図でありながら、あるべきはずの印が描かれていない。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク