悠遠なる未来に向かって チキ 節を編集

悠遠なる未来に向かって チキ
セリフ今は楽しみましょう。
私たちの時間はまだ沢山あるのだもの。
収録英雄総進軍B17-011SRIllustかわすみ
出撃コスト5CCコスト-兵種固定職マムクート
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン女/竜石/竜
スキル竜石への口づけ起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】ターン終了まで、このユニットの戦闘力は2倍になる。
スキル人と竜の絆自動型
自分のターン終了時、自分の手札を1枚選び、絆エリアに置いてもよい。そうしなかったなら、自分の絆カードを1枚選び、手札に加える。

考察 節を編集

『竜石への口づけ』はリバース1で戦闘力が倍になるスキル。
ある意味破格のコストパフォーマンスだが、実戦での価値を考慮すると、ほとんどの場合は+20~30と大差ない平凡なスキル。
むしろ、出撃コスト5の竜石でありながらコストを払わなければ戦闘力60でしかない物足りなさが目につく。

『人と竜の絆』は、自分のターン終了時に手札から絆カードを増やすか逆に絆カードを手札に加えるかを選ぶスキル。
置くなら一歩遅い神竜王の化身 ナギ、回収なら永遠の幼子 ノノ相当である。

置くならマムクート・プリンセス チキの方が効率が良いし、永遠の幼子 ノノと比べると出撃コストが重すぎるうえに戦闘力を利点にしにくいため、それぞれの役割では特化したカードに一段劣る。
このカードの利点はこの2つを選択できること、そして何よりシンボルなしであることだろう。
類似効果を扱えるシンボルが偏るこれらの効果をどんなデッキでも取り入れうるというのは一定以上の価値がある。

  • イラスト後列は、左からナギニニアンファミルラノノンン
    味方の女性マムクートが集合している(ニニアンのみ兵種はマムクートではない)。
    手前には大人と子供のチキ双方が存在するが、セリフおよび性能(射程)から見てユニットの主体は大人チキのようだ。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク