三国一のぐうたら男 マカロフ 節を編集

三国一のぐうたら男 マカロフ
セリフうーん…出動要請は出てるんだけどさ。
どうやったらサボれるかな…?
収録荒れ狂う破濤B12-023HNIllustクロサワテツ
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職剣騎将
戦闘力60支援力10射程1アイコンメダリオン/男/剣/獣馬
スキルうう…腹の調子が…常時型
自分の開始フェイズ中、このユニットは未行動にならない。
スキル働くよ…こいつで借金を返したらな起動型
[1ターンに1回]【自分の手札を2枚退避エリアに置く】相手のデッキの1番上のカードを公開させる。そのカードの出撃コストが4以上の場合、あなたはカードを3枚引く。そうしたなら、このユニットを未行動にする。

考察 節を編集

相手のデッキトップが出撃コスト4以上なら差し引き1枚手札が増えつつ手札交換でき、さらに未行動になれる。
リターンは確かに大きいのだが、鍵開け系スキルと比べても一段と厳しい指定に加えて、失敗すると手札を2枚捨てただけになるリスクがあまりにも大きすぎるため、非常に使いにくいスキルである。
しかも通常の方法では未行動になれないデメリットスキルまで持つので、出撃したターン以外では2回行動にもならない。
おまけに出撃コスト3・戦闘力60・支援力10で、そもそも再行動できても戦闘面がやや頼りなく、再行動を1枚のアドバンテージと見るには敵主人公の戦闘力が低かったり自分のカードでサポートする必要がある。

運用するとすれば、博打をするのはあまりにもリスキーなので、デッキトップを確認できるようにして成功できるタイミングに絞って使った方が賢明である。
死神と呼ばれた男 ジャファルのようにスキルでのクラスチェンジを使って連発してもいいが、こちらは効果のドローで2枚目のこのカードを期待することもできる一方、発動するだけでもコンボ必須なので必要なコンボパーツが多くなりすぎるのが難点。

行動フェイズ中に未行動にでき、コストになる2枚の手札を補給できる光を秘めし闇 サラは相性がとても良い。
また、上記の点から主人公とする場合は『鍵開け』系のスキルが使えるユニットを維持できるようにしておきたい。
ノーコストでデッキトップを見られる同色の鷹王の目 ヤナフ闇の情報屋 フォルカはぜひとも採用したい。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク