トラキアの姫将軍 アルテナ 節を編集

トラキアの姫将軍 アルテナ
セリフトラキア全軍につぐ。これ以上の戦闘は無用!
全軍、ただちに撤退せよ!
収録クロスローズB10-048HNIllustワダサチコ
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職ドラゴンナイト
戦闘力60支援力30射程1アイコン聖戦旗/女/槍/飛行/竜
スキル将姫の号令起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】他のすべての味方を後衛に移動させる。

考察 節を編集

トラキアの王女 アルテナ同様、通常コスト比で戦闘力が10高く、なおかつデメリットがない戦闘力60の飛行ユニット。

『将姫の号令』はリバースコストで自分以外の味方全員を後衛に移動させるスキル。似たような能力に決意の赤竜騎 ジルがいるが、あちらはコストがアクションで前衛の好きな味方を選ぶものである。
味方をすべて下げる場合だけなら攻撃参加が出来るこちらのカードの方がアドが取れるが、非主人公の場合だと主人公まで下げてしまい、進軍の恐れが出てしまうため主人公を前衛に戻す手間が出てくる
加えて戦闘力はコスト比では高いが所詮は60、しかも竜で飛行という脆さのため、壁としての役割は望み薄である。
他の各アルテナの汎用性も低いので多くの回避札を握れるかも微妙なところ。

逆を言えば別途天空の運び手を用意するなどすれば、こちらの主人公とこのカード以外のユニットを後衛に逃がすという戦術もできる。
あるいはスキルを無視して、コスト3・戦闘力60・支援力30という数値だけ見て採用するのもいいだろうか。
また、聖光を継ぐ竜姫 アルテナを使う上では貴重な3種類目のアルテナであり、主人公時の繋ぎとしては申し分のない能力を持っている。

  • トラキア776仕様のカードなので、上級職だがドラゴンナイトである。
  • トラキア776におけるアルテナの出番は少なく、そのうちの一つが、9章クリア後、カードに使われている台詞と共にトラキア軍を撤退させるというシーンである。
    『将姫の号令』の味方を後衛に移動させるという効果もこのシーンをイメージしたものだろうか。
  • 『他の全ての味方を後衛に下げる』なので自身を後衛に置いておけば自軍ユニット全員を後衛に下げることができる。
    つまりそのまま相手にターンを渡すことで進軍を発生させ、自軍ユニット全員を前衛に移動させる、という芸当ができることになる。
    しかし自ターン中ならともかく、相手ターン中に後衛ユニットを全員前衛に出したくなる状況は稀だろう。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク