ザ・ライトスタッフ 蒼井(あおい) (いつき) 節を編集

ザ・ライトスタッフ 蒼井 樹
セリフエンターテイメントが、芸能が、誰かを傷つけていいわけないんだ!
収録煌めき幻奏B04-051SRIllustコザキユースケ
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職ミラージュマスター
戦闘力70支援力20射程1アイコン聖痕/男/剣/幻影
スキル揺るぎなき決意起動型
【[リバース3],自分の手札から『蒼井 樹』か『クロム』を1枚退避エリアに置く】ターン終了まで、すべての味方の戦闘力は+30される。
スキルロードオブローズ常時型
すべての[CF]を持つ味方の戦闘力は+40される。

考察 節を編集

揺るぎなき決意は英雄の凱歌系列のスキルで、例によって自分のターンのみであり追加効果もないが、手札コストを同名ユニットだけでなくクロムでも払えるようになっている。
特に自身が主人公の場合、主人公の同名ユニットを消費せずに使用できる利点は大きく、サポートカードである若き幻影の君主 クロムをはじめとしてクロムも積みやすい。

ロードオブローズは、神降ろしの才覚を常時かつ全体化したほぼ上位互換のスキル。
対象が複数いればその分だけ強力となり、また相手ターンでも40になるので、カルネージフォームが無効の状態で狙われても生き残れる可能性が出てくる。

揺るぎなき決意を使用すれば戦闘力70に達し、標準的なユニットに対してであれば十分に撃破を狙っていける。

ただし、カルネージフォームを持つユニットは基本的に対応ユニットのサポート役であり元々の戦闘力も0である。
複数を展開するには、同時にその対応ユニットを展開し、保護する必要性に迫られるのが大きなネックとなる。
さらに言えば(神降ろしの才覚にも言えることだが)効果を受けても戦闘力は40にすぎず、それだけなら適当な下級職を出すのと変わらない点も素直に評価できないところ。
割り切って主人公に対応する1枚のみを強化するつもりで使うか、複数運用することに別の利点を見出すべきだろう。

  • 変幻自在 チェイニーでコピーすることで、常時型スキルで+80という前代未聞の強化を一時的に施すことができる。
    本来なら揺るぎなき決意に使いたいはずのリバースを2も食ってしまうので、対象になるユニットが3体は欲しいところだが。
    • カルネージフォームをコピーすることで対象のほうを増やすという使い方もできる。
      元々の戦闘力が30あるのでそれだけで戦闘力70になることができるが、これだけなら初めから出撃コスト3の前衛を使えばいいので、上記のコンボを狙ううえで、対象が1体しかいない時にならやる意味がある、という程度である。
      なお、前者なら戦闘力80のCFユニットと戦闘力30の変幻自在 チェイニー、後者なら戦闘力70の変幻自在 チェイニーと戦闘力40のCFユニットが出来ることになる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク