見つめる黒翼 エフィ 節を編集

見つめる黒翼 エフィ
セリフ私はアルムに逆らったりしないよ。アルムの言うとおりにする。
ね、だから……これからもずっと、そばにいていいよね?
収録赫赫たる双撃B11-055RIllustまよ
出撃コスト3CCコスト4兵種オーバークラスマッハ
戦闘力50支援力30射程1アイコン光の剣/女/槍/飛行/獣馬
スキル葬魂の黒天馬自動型
このユニットにクラスチェンジした時、相手のオーブを1つ選び、退避エリアに置かせる。次の相手のターン終了まで、このユニットの戦闘力は+30される。このスキルはスキルの効果でクラスチェンジした時は発動しない。
スキルアルムを守る炎常時型
味方に『アルム』がいる場合、このユニットに<魔法>と射程1-2が追加される。

考察 節を編集

CCコストが出撃コストと逆転しているオーバークラスのカード。

CCコスト4と、普通のカードで言えば出撃コスト5に相当する重さだが、CCすることでオーブを1つ手札に加えさせずに除去し、さらに相手ターンまで戦闘力80になるという強烈極まりないスキルを持つ。
戦闘力は置いておいても撃破1回+ハンデス1枚に相当する2枚分のアドバンテージであり、こちらには一切の消費がないことを鑑みれば非常に強力。
相手のオーブがない場合は当然意味がないので、そうなると戦闘力だけを目当てに使うことになる。

例によってアルム必須のスキルも持ち、出撃コスト3の魔法ユニットのような感覚で運用できる。
アルム主人公なら、この点だけ見てもなかなか優秀と言える。
もっとも、同コストで一途な恋心 エフィが運用できるのでそちらの方が優秀ではあるが。
こちらも有効な状態で『葬魂の黒天馬』を発動させたなら、戦闘力80で射程1-2のユニットとなる。

支援力30で積みやすいので、アルムのことを考えずにラムの村の少女 エフィとセットで採用して『葬魂の黒天馬』に特化するのも視野に入るだろう。

  • このカードを始めとするオーバークラスのカードは、「スキルの効果でクラスチェンジした時は発動しない」という初の制約がつけられている。
    希望の聖君主 クロムなどと併用すると、「CCコストが高い代わりに強力なスキル」と言う特徴が無意味になってしまうので、妥当な所だろう。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク