蒼き歌姫の息子 シグレ 節を編集

蒼き歌姫の息子 シグレ
セリフさようなら、みんな。俺はみんなが大好きですよ。
ずっと。いつまでも…あなたたちを思っています。
収録その手が導く夜明けB20-102HRIllustとよた瑣織
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職聖天馬武者
戦闘力60支援力30射程1アイコン白夜/暗夜/男/槍/飛行/獣馬
スキル転移の水晶玉起動型
【手札を1枚無限エリアに置く】主人公以外の敵を1体選び、移動させる。
スキル消える記憶、消えぬ絆起動型
[1ターンに1回]【<白夜>かつ<暗夜>の絆カードを1枚裏向きにする】カードを1枚引く。

考察 節を編集

在るべき路の果てに シグレに続く、出撃コスト4の2シンボルシグレ

『転移の水晶玉』は手札コストでの敵移動能力。
及第点の性能だが、主人公を移動できないのが少し頼りなくもある。
もう一つのスキルを含めて行動を使わないので、後衛を引っ張り出してこのユニットで処理するというのがアドバンテージを取りやすい使い方だろう。

手札の任意のカードを無限エリアに置くことができるのも、無限エリア利用を行う場合は大きな利点となる。
広い選択肢から選んでカードを置けるものは貴重であり、特に人を形どりし竜心 ハイドラを置くとコストがほとんどコストにならない。

『消える記憶、消えぬ絆』は、白夜かつ暗夜の絆カードを使う「リバース1で1枚引く」系のスキル。
このカードの出撃よりさらに厳しい前提条件となるので安定して満たせるとは言いにくく、やや構築を選ぶ。
徐々に2シンボルのカードプールも広がっているので、適正な構築なら十分な枚数は確保でき、通常のリバースには極力使わない絆カードとなるはずなので肝心な時にないということも少ない。
うまく運用できるのであれば、出撃コスト4・支援力30としては強力なアドバンテージ源となる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク