白夢の妖精 ルピナス 節を編集

白夢の妖精 ルピナス
セリフえっとですねぇ…わたしは起きてる人に
白昼夢を見せてあげられるんですぅ。
収録英雄たちの凱歌B22-IllustHMK84
出撃コスト0CCコスト-兵種固定職フェアリー
戦闘力0支援力30射程1アイコン女/剣/飛行
スキル妖精の道案内起動型
【[アクション],手札のシンボルを持たないカードを1枚退避エリアに置く】カードを1枚引く。
スキル虹色の粉常時型
自分の手札が5枚以下の場合、自分の手札は相手のスキルで退避エリアに置かれない。
スキル白昼夢自動型
[1ターンに1回]このユニットが攻撃された時、自分の主人公はこのユニットの代わりに攻撃される。

考察 節を編集

手札が5枚以下なら『虹色の粉』により一切のハンデスを受けなくなるというハンデスメタカード。
戦場に維持する必要はあるが、出撃コスト0なので出すのに手間はかからない。
戦闘力は0だが、『白昼夢』によって1回は主人公に攻撃を引き受けさせるので、風に乗る想曲 ニルスのように強制的に2手使わせられる。

ただし、風に乗る想曲 ニルスに劣るところとして、「主人公にするはずだった攻撃」をこのユニットに対して行える状況では『白昼夢』は実質無意味になってしまう。
射程2が多いデッキ相手だとそうなりやすい。

行動として『魔道研究』的なスキルである『妖精の道案内』を持つが、シンボルなしのカードしか捨てることができず、使える場面は限られる。
シンボルなしのメタカードを複数組み込んでいる場合に、いらないメタカードを処分したりできると理想的。
これをする意味がないなら、射程1の戦闘力0で攻撃するくらいしかできない。
『白昼夢』はどこでも誘発してくれるとはいえ、2回目の攻撃の受けやすさを考えるとさすがに(生き残らせる必要があるなら)リスクが勝る行為である。

  • ピアニーら他の妖精が普通にコストと戦闘力を持つ存在なのに対し、このカードは出撃コスト・戦闘力0となっている。
    同様のコストと戦闘力の夢を司る神 フロージは(カード登場時点で)非戦闘キャラだが、ルピナスはヒーローズ原作では戦闘ユニット。
    霊体で登場するなどのシーンもない普通の妖精なので、異例の扱いと言える。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク