桜花の守り人 カザハナ 節を編集

桜花の守り人 カザハナ
セリフあたしのこの刀は、サクラ様を守り通すまで
絶対に折れたりしないんだから!
収録光と闇の神焔B02-026RIllustピスケ
出撃コスト3CCコスト2兵種上級職剣聖
戦闘力60支援力10射程1アイコン白夜/女/剣
スキル風花吹雪自動型
[1ターンに1回]このユニットが神速回避した時、自分のデッキの上からカードを4枚公開する。公開したカードの中から『カザハナ』を1枚選び、自分の手札に加え、残りのすべてのカードを退避エリアに置く。
スキル[CCS]切磋琢磨常時型
出撃コストが3の味方が他に1体以上いる場合、このユニットの戦闘力は+10される。([CCS]はこのユニットがクラスチェンジしていなければ有効にならない)

考察 節を編集

神速回避した時に後続の同名ユニットを手に入れる機会を得ることができる。
1ターンに1回限りではあるが、成功すればノーコストで神速回避したに等しくなる。
カザハナは最大16枚採用できるが、戦闘要員たるこのカードの支援失敗率を著しく高めるのはそれはそれで問題なので悩みどころとなる。
同時に退避エリアの枚数を稼ぐことができるが、デッキ切れによる仕切り直しを早めてしまうことにもなり、一概にメリットとは限らないので注意。

場合によっては、上位の武人の魂を持つ少女 カザハナをクラスチェンジ用として手札に加えるという使い方も可能。
あちらはメタ性能のあるスキルを持つので、使い分けが比較的容易にできるのは無視できない利点となる。

切磋琢磨は、コストが3以上ではなく3に等しくなければならないことに注意すれば強力なスキル。
上級職の主力をコスト3にしていれば安定性は高い。

  • デッキが残り3枚以下の場合、その枚数分のみを公開し、カードを退避エリアに置いた後でシャッフルを行う。
    完璧なる翼 ツバキも同様である。
  • 退避エリアの枚数を稼げる、手札に同名ユニットを必要とする、という性質はサクラとの相性を意識していると考えられる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク