元ブラギ僧の軍師 アウグスト 節を編集

元ブラギ僧の軍師 アウグスト
セリフ今、必要とされているのは幻想としての「英雄」です。
王子は悲劇の英雄。生まれながらにその資格をもっている。
収録英雄総進軍B17-Illust添田一平
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職ハイプリースト
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン聖戦旗/男/魔法
スキル英雄を作る者起動型
【[アクション]】他の味方を1体選ぶ。ターン終了まで、その味方の戦闘力は+30される。
スキルこのアウグストに不可能はなし起動型
【[アクション]】主人公以外の敵を好きな数だけ選び、移動させる。このスキルは自分の絆カードが8枚以上なければ使用できない。

考察 節を編集

出撃コスト5と大型ユニットとして登場したアウグスト
軍師らしく、アクションを使った2つの補助スキルを持ち、大まかに言えば真実を見る者 エルフィンの(かなりの)上位版といった具合。

『英雄を作る者』は味方強化。
シンボルは異なるものの同じスキルを持つ風に乗る想曲 ニルスは出撃コスト3、出撃コスト5のすべての路の果てに アクアは再行動させたうえに戦闘力+30できるため、アクション1体分の価値はあるが重さに見合った性能ではない。
聖戦旗で戦闘力を参照するカードとして天を舞う流星 ラクチェなどがあるが、速攻寄りのカードなのでそれほどサポートには適していない。

『このアウグストに不可能はなし』は敵移動。
主人公を移動させられないが、主人公以外は全て移動させられるので、移動不可能な敵が混ざっていなければ主人公も進軍で前衛に引きずり出すことはできる。
しかしこちらは絆カードの条件があり、何かしら絆加速が絡むデッキでないと肝心な時に使えないことも多い。
敵の移動だけならいくらでも手段はあるので、あくまで何かのついでで達成していきたいところ。
やはりリーフとの相性は良く、二つの聖血を引く王子 リーフで対応しきれない敵移動が必要な場面で未来の賢王 リーフから出撃させる選択肢になり、『トラキアを統べる者』を使うなら絆カード8枚の条件は大抵満たされているだろう。

  • 原作では戦闘ユニットとして登場せず、兵種の設定はない。
    しかし、同じく軍師として登場するドリアスと違って特に戦えない理由は示されていないので、戦闘できる扱いでもおかしくはないと言える。
    マップ上で登場する時のグラフィックは、ハイプリーストではなくビショップのものが使われていた。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク