信義の聖槍 ブラッド 節を編集

信義の聖槍 ブラッド
セリフ誰かに任せて自分は逃げる…それがあんたのやり方だったな。
けど今、見捨てられたのは、あんたの方だ。
収録その手が導く夜明けB20-064HNIllust夘田恭
出撃コスト5CCコスト3兵種最上級職聖槍使い
戦闘力70支援力10射程1アイコンメダリオン/男/槍
スキル勇敢なる槍兵起動型
[1ターンに1回]【<メダリオン>の絆カードを1枚裏向きにする】ターン終了まで、このユニットの戦闘力は+30される。
スキル貫く信義自動型
このユニットが成長した時、ターン終了まで、このユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。
スキル[LvS4]撃破の間合い 自動型
このユニットが『勇敢なる槍兵』を使用した時、後衛の敵を1体選び、移動させてもよい。([LvS4]はこのユニットの重ねられたカードの合計が4枚以上の場合に有効になる)

考察 節を編集

『勇敢なる槍兵』は、シンボル限定のリバース1で戦闘力+30スキル。
というだけではなく、『撃破の間合い』の誘発条件となる。

『貫く信義』は、成長したターン中2枚割りできるスキル。
成長手段を内蔵してはいないので、LvS達成も兼ねて外部から成長させていくことになる。

『撃破の間合い』は、LvS4を達成していれば『勇敢なる槍兵』に敵後衛移動効果がついてくるようになるスキル。
リバース1で敵移動の時点でコスト相応ではあり、それが戦闘力+30と並行するのでなかなかの性能となる。

当初は『貫く信義』による2枚割りユニットとして運用し、そのまま『撃破の間合い』による堅実な戦いにシフトすることができる。
ただ、『撃破の間合い』のための成長は2回程度でいいのに、それ以降も成長させなければ『貫く信義』は機能停止してしまうのが困りもの。
もっとも、オーブが少なくなれば2枚割りは不要になるので、テンポ良くゲームが進めば「LvS4が達成できた後はもはや成長は不要」という自然な流れになることは期待できる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク