キルヴァス王 ネサラ 節を編集

キルヴァス王 ネサラ
セリフ戦え戦え。その間にキルヴァスは、
黒いくちばしを研いでいるからさ。
収録希望への雙剣B03-044RIllust田口幹浩/クラウドゲート株式会社
出撃コスト4CCコスト-兵種固定職鳥翼族
戦闘力60支援力20射程1アイコンメダリオン/男/牙/飛行/獣馬
スキル疾風の刃起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】ターン終了まで、このユニットに<魔法>と射程1-2が追加され、このユニットは『飛行特効』を得る。(『飛行特効』[常時型]このユニットが<飛行>を攻撃している場合、このユニットの戦闘力は+30される。)
スキル仕事の報酬自動型
[1ターンに1回]他の<牙>の味方が出撃した時、このユニットとその味方の他に<牙>の味方が1体以上いる場合、カードを1枚引く。

考察 節を編集

射程1に偏っていたり手札の増強手段に欠けていたりする牙ユニット達の優秀なサポート役。
ドローソースや射程1-2になれるこのカードは、牙ユニットでは数少ない後衛要員と言え、独自の貴重な役割を持つ。
ドローは限定的な分リバースなしで使えるので、継続的に使えれば非常においしい。
主人公が牙ならとにかく別の牙を出撃させるだけでいいので、牙主体のデッキなら誘発は容易。

ただし、『疾風の刃』を使う前提では本当の意味でリバースなしで運用することはできない。
鳥翼族特有の数値設定により、聖心の戦乙女 ミスト同様、素の状態では射程1しかない魔道士のような性能なので、スキル前提で使うことになりがちで、結果「リバース1で1枚ドローできるコスト4魔道士(飛行特効を受ける)」に近いことは留意しておくべきである。
アドバンテージ源として十分優れた部類で、牙であることは決して代替できない特徴なのでそれでこのカードの価値が失われるようなことはないが。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク