イーリス聖王国の光 エメリナ 節を編集

イーリス聖王国の光 エメリナ
セリフたった一欠片の思いやりが世界の人々を平和へと導くのです。
収録生と死-運命の先へB08-041HNIllust小森ニコ
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職賢者
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン聖痕/女/魔法
スキル平和の種自動型
[1ターンに1回]他の味方が攻撃された時、戦闘終了まで、その味方の戦闘力は+10される。
スキル[CCS]聖王の祈り自動型
【[リバース1]】自分のターン終了時、このユニットが未行動の場合、コストを支払うなら、カードを1枚引く。([CCS]はこのユニットがクラスチェンジしていなければ使用できない)

考察 節を編集

『聖王の祈り』はリバース1でドローできる高効率のスキルだが、CCSである上に出撃コスト4のこのユニットを未行動で残しておく必要がある、と非常に手間がかかる。
『平和の種』の性質もあり、戦わずに立ち続けていることでスキルが最大限に生きるという異色のカードである。

と言えば非常に使いづらいように聞こえるが、ターン1回とはいえ『平和の種』だけ見ても嫌がらせとして十分。
自身が狙われればそれまでだが、自身の戦闘力も60と高いので後衛に居る分にはそこそこしぶとく生き残れるだろう。
打たれ弱いユニットを並べるようなデッキでは10上がっても焼け石に水なので、戦闘力70などの数値負けしにくいユニットを主軸にしたうえで使いたい。

一応攻撃しなくてもいい時には確実に手札アドバンテージを貰える『聖王の祈り』も馬鹿にできない。
基本的に中速~重速デッキ向けのカードである。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク