黙示と共に闇を歩む者 ソフィーヤ 節を編集

黙示と共に闇を歩む者 ソフィーヤ
セリフ悲しい…心が…感じられます…
収録勇気よ燃ゆる魂よB16-029SRIllustかわすみ
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職ドルイド
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン神器/女/魔法
スキル神将器 アポカリプス起動型
【[リバース1]】相手のデッキの1番上のカードを公開させて、無限エリアに置かせる。公開させたカードが<魔法>の場合、あなたはカードを1枚引く。
スキル[LIS]ブラミモンドの暗黒起動型
[1ターンに1回]相手の絆カードを1枚選び、裏向きにさせる。このスキルはこのユニットが『神将器 アポカリプス』を2回以上使用したターンでなければ使用できない。
スキル変わりゆく運命起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】自分の退避エリアから<神器>のカードを1枚選び、デッキの1番上に置く。

考察 節を編集

『神将器 アポカリプス』は相手のデッキトップを無限エリア送りにし、それが魔法ならドローできるスキル。
デッキトップの除去自体はアドバンテージにはならず、支援の把握にもならないので、高い確率で魔法を公開させられることを期待して使いたいスキルとなる。

LISの『ブラミモンドの暗黒』は、ノーコストで相手の絆カードを1枚裏にできるスキル。
こちらは裏にする絆カードさえあれば確実に仕事をするスキルであり、『神将器 アポカリプス』の効率は実際にはこちらも込みにして考えることになるだろう。
暗黒を宿す皇子 ユリウスはカード自体が重いが1:1交換、雷神と呼ばれし少女 イシュタルは不自由な分さらに高い効率なので、『神将器 アポカリプス』も2回中1回くらいは成功してほしいところ。

残る『変わりゆく運命』は、退避エリアからのデッキトップ操作ができるシンプルなスキル。
ほぼアクションなしの炎の子 ロイであり、十二分に優秀。
神器限定なのは、支援目的ならほとんど気にならないだろうが、デッキトップ操作を介して回収を行ったりしたい場合は少々窮屈になるかもしれない。

スキル一つ一つのコストは軽いが、全てのスキルを使うためには1ターンごとにリバース3かかるので、絆カードの管理が肝心になる。

人と竜の未来を創る者 ロイと相性は良く、LIS持ちであるとともに『未来への想い』の対象を『変わりゆく運命』で仕込む事ができる。
また、『魔竜を封じる力』はデッキトップを移動させないので、適当に使って魔法だった場合に『神将器 アポカリプス』を使うという動きも可能。

  • 『ブラミモンドの暗黒』は、裏向きの絆カードを選んでも使用した扱いにはなり、『未来への想い』を誘発できる。
    相手の絆カード自体が1枚もない場合は使用できない。
  • 『神将器 アポカリプス』は、サイファのルールでは通常成立しない「デッキ破壊」戦術ができる可能性を持つ。
    (デッキと退避エリアのカードの枚数がいずれも0枚になると、その時点で敗北になる)
    数十のリバースを支払わないといけないので現実的とは言えないが、同様のことが手軽にできるカードが増えればその方面で活躍するかもしれない。
    • 16弾時点だと、他にまとまった枚数を無限エリア送りにできるのは破滅と絶望の竜 ギムレーくらいである。
      併用することである程度の短縮は期待できる。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク